ITを使った新しい法人営業

最近MA(マーケティング・オートメーション)という仕組みが、ITの法人営業の分野を中心に話題になってきています。このMAは、今までの多くの広告・販促が一般消費者向け製品の広告宣伝などで利用していたのとは違って、BtoB(企業対企業)の取引について活用する仕組みになっています。

今迄の法人営業はルートで回って新しい注文がないかを聞く御用聞き等が中心だったと思います。また新規開拓は、何回も訪問して誠意を見せて新規取引を初めてもらうというもの多かったのではと思います。

このMAでは、それらの活動をもっと効率的に行う為に名刺交換や展示会などで集めた情報をもとにそれぞれの見込み客をランク付けします。そのランクによって、提供する情報や頻度などを変えていって自然に、営業さんの受注活動がスムーズに行くのを支援するツールになります。

営業さんが少ない会社やもっと効率的に営業活動を勧めたいという会社はこのような仕組みを考えてみてはいかがでしょうか。